日東化工、上期経常を50%上方修正

株探ニュース 2017年10月13日(金)16時00分配信
 日東化工<5104> [東証2] が10月13日大引け後(16:00)に業績修正を発表。18年3月期第2四半期累計(4-9月)の経常利益(非連結)を従来予想の1億円→1.5億円(前年同期は1.6億円)に50.5%上方修正し、減益率が36.4%減→4.2%減に縮小する見通しとなった。  なお、通期の経常利益は従来予想の2.7億円(前期は3億円)を据え置いた。 株探ニュース 会社側からの【修正の理由】   当第2四半期累計期間の業績予想について、売上高につきましては、ゴムコンパウンドにおける自動車関連での受注が好調に推移し当初の予想を上回る見通しとなりました。また、利益面につきましても、売上高が予想を上回ったことによる増収効果に加え、経費等が当初の見込みよりも減少したため、営業利益、経常利益、四半期純利益について前回発表値を上回る見通しとなりました。 なお、通期の業績予想につきましては、市場動向が先行き不透明な状況にあることから、現時点においては修正を行っておりません。※上記の業績予想は、本資料発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は今後様々な要因によって予想数値と異なる可能性があります。

PDFをダウンロード
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月13日(金)16時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。