シンメンテ、上期経常が42%増益で着地・6-8月期も48%増益

株探ニュース 2017年10月13日(金)16時00分配信
 シンメンテホールディングス<6086> [東証M] が10月13日大引け後(16:00)に決算を発表。18年2月期第2四半期累計(3-8月)の経常利益(非連結)は前年同期比42.5%増の2.1億円に拡大し、通期計画の3.1億円に対する進捗率は70.3%に達し、4年平均の63.3%も上回った。  直近3ヵ月の実績である6-8月期(2Q)の経常利益は前年同期比48.5%増の1.4億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の6.2%→7.0%に改善した。 株探ニュース 会社側からの【修正の理由】  当社は、平成29年9月1日付けで公表いたしました「株式交換及び持株会社体制への移行に伴う会社分割の完了、商号変更等に関するお知らせ(開示事項の経過)並びに持株会社体制移行に伴う役員人事に関するお知らせ」のとおり、当社を親会社、シンプロメンテ株式会社及び株式会社テスコを連結子会社とする持株会社体制に移行いたしました。これにより、平成30年2月期第3四半期より、シンプロメンテ株式会社及び株式会社テスコを連結子会社とする連結決算を開始するとともに、新たに連結業績予想を公表いたします。上記の連結業績予想は、平成30年2月期第2四半期までの単体決算としての当社の実績に、第3四半期以降の当社、連結対象となる当社子会社であるシンプロメンテ株式会社及び株式会社テスコの業績及びのれん償却費を織り込んだ数値です。(個別業績予想について)当社は、上記の理由により平成30年2月期第3四半期より持株会社体制に移行しております。持株会社化以降は、外部取引が僅少化しており、投資情報としての個別業績予想の必要性が薄れるものと考えられますため、単体ベースでの個別業績予想につきましては、取下げることといたします。

PDFをダウンロード
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月13日(金)16時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。