エムビーエスが買い気配、6-8月期(1Q)経常は2.2倍増益で着地

株探ニュース 2017年10月13日(金)09時08分配信
 12日、エムビーエス<1401> [東証M]が決算を発表。18年5月期第1四半期(6-8月)の経常利益(非連結)は前年同期比2.2倍の1億円に急拡大して着地したことが買い材料視された。  主力の内外装リフォーム工事の受注が伸び、52.8%の大幅増収を達成したことが寄与。採算を重視した受注や販管費の削減なども大幅増益に貢献した。上期計画の1.4億円に対する進捗率は70.8%に達しており、業績上振れを期待する買いが向かった。 株探ニュース
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月13日(金)09時08分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。