インターアクが急反発、6-8月期(1Q)経常は46%増益で着地

株探ニュース 2017年10月13日(金)09時52分配信
 12日、インターアクション<7725> が決算を発表。18年5月期第1四半期(6-8月)の連結経常利益が前年同期比45.8%増の1.2億円に拡大して着地したことが買い材料視された。  主力のCCD・C-MOSイメージセンサー検査用光源装置が大きく伸び、12.5%の大幅増収を達成したことが寄与。スマートフォンやタブレット端末の需要拡大を背景に、半導体メーカー向けに光源装置や瞳モジュールの販売が好調だった。 株探ニュース
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月13日(金)09時52分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。