三井倉HD、今期経常を9%上方修正

株探ニュース 2017年11月13日(月)14時30分配信
 三井倉庫ホールディングス<9302> が11月13日後場(14:30)に決算を発表。18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比2.7倍の36.5億円に急拡大し、従来予想の25億円を上回って着地。  併せて、通期の同利益を従来予想の55億円→60億円(前期は36.6億円)に9.1%上方修正し、増益率が49.9%増→63.6%増に拡大する見通しとなった。  会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比2.2%増の23.4億円に伸びる計算になる。  直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常損益は15.3億円の黒字(前年同期は2.9億円の赤字)に浮上し、売上営業利益率は前年同期の0.9%→3.0%に改善した。 株探ニュース 会社側からの【修正の理由】  平成30年3月期通期連結業績予想数値の修正(平成29年4月1日~平成30年3月31日) 経常利益については、上期において海外子会社が親会社から借り入れているドル建て借入金に為替差益が発生し、また当第2四半期までに当該借入金を現地通貨建て借入金としたことなどにより、為替リスクを縮小したことなどから修正いたしました。親会社株主に帰属する当期純利益については、政策保有株式の保有意義を見直す過程で有価証券売却益の発生が予想されることから、修正いたしました。平成30年3月期通期個別業績予想数値の修正(平成29年4月1日~平成30年3月31日) 当第2四半期までの実績を踏まえたこと、また、政策保有株式の保有意義を見直す過程で有価証券売却益の発生が予想されることから、修正いたしました。

PDFをダウンロード
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月13日(月)14時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。