アンビション、今期経常を37%上方修正・最高益予想を上乗せ

株探ニュース 2017年11月13日(月)15時00分配信
 AMBITION<3300> [東証M] が11月13日大引け後(15:00)に業績修正を発表。18年6月期の連結経常利益を従来予想の3億円→4億1000万円(前期は2億6800万円)に36.7%上方修正し、増益率が11.9%増→53.0%増に拡大し、従来の3期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。  なお、7-12月期(上期)の連結経常損益は従来予想の8300万円の赤字(前期は5900万円の赤字)を据え置いた。 株探ニュース 会社側からの【修正の理由】  平成29年10月3日に「グラマラス率いる森田恭通氏、押切もえ氏などのプロデュースマンションを展開する株式会社ヴェリタス・インベストメントの全株式をM&Aにて取得」を公表し、平成29年10月6日に実行した株式会社ヴェリタス・インベストメントの完全子会社化に伴い、平成30年6月期の第2四半期より当社連結業績に、同社業績を当期については9ヵ月分反映したことから、それぞれ前回を上回る見込みとなりました。 なお、株式会社ヴェリタス・インベストメントの平成29年10月から平成30年6月までの業績については、直近の実績に基づいて計画値を算出しております。当社につきましては、本完全子会社化に伴い一時的に発生する調査費用等の見込額を追加計上しております。 また、同社子会社化により、正ののれんが発生する見込みであり、今回予想には一定の仮定の下で当社が算出したのれん償却費を営業費用として計上しておりますが、今期ののれん計上額及びのれんの償却期間については、監査法人の監査を受けておらず、まだ確定していないため、今後変更される可能性があります。また、同社子会社化に伴う当社としてのシナジー効果については、不明瞭な点が多いため加味せず保守的に作成しております。(注)上記の予想数値は、本資料発表日現在において当社が入手可能な情報に基づき保守的に作成したものであり、実際の業績は、今後様々な要因によって予想数値は異なる場合があります。また、その達成を当社として約束する趣旨のものではありません。今後の業績を注視しつつ精査を進め、修正が必要と判断した場合には速やかにお知らせする予定です。

PDFをダウンロード
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月13日(月)15時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。