ダイフクが買い気配、今期最高益予想を23%上乗せ、配当も10円増額

株探ニュース 2017年11月13日(月)09時01分配信
 10日、ダイフク<6383> が決算を発表。18年3月期上期(4-9月)の連結経常利益が前年同期比70.1%増の174億円に拡大して着地したことが買い材料視された。  半導体・液晶関連向け搬送装置や物流センター向け自動化システムの受注が大きく伸びたことが寄与。併せて、通期の同利益を従来予想の310億円→380億円に22.6%上方修正。増益率が30.5%増→59.9%増に拡大し、従来の3期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。  業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の52円→62円(前期は42円)に増額修正したことも買いに拍車を掛けた。 株探ニュース
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月13日(月)09時01分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。