三井金が買い気配、今期経常を一転26%増益に上方修正

株探ニュース 2017年11月13日(月)09時03分配信
 10日、三井金属鉱業 <5706> が18年3月期の連結経常利益を従来予想の300億円→390億円に30.0%上方修正。従来の3.4%減益予想から一転して25.6%増益見通しとなったことが買い材料視された。  機能材料部門で極薄銅箔や液晶向け薄膜材料などの販売が想定より伸びることが寄与。亜鉛や鉛といった金属価格の上昇で在庫評価益が好転することも利益を押し上げる。同時に発表した18年3月期上期(4-9月)の同利益は前年同期比96.6%増の175億円に拡大し、従来予想の150億円を上回って着地した。 株探ニュース
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月13日(月)09時03分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。