中村超硬が買い気配、今期経常を2期ぶり最高益に2.1倍上方修正

株探ニュース 2017年11月13日(月)09時06分配信
 10日、中村超硬<6166> [東証M]が決算を発表。18年3月期上期(4-9月)の連結経常損益が6.2億円の黒字(前年同期は2.9億円の赤字)に浮上し、従来予想の3.5億円の黒字を上回って着地したことが買い材料視された。  主力のダイヤモンドワイヤが多結晶シリコンウエハーメーカー向けに大きく伸びたことが寄与。原価低減を進めたことも黒字転換に貢献した。業績上振れに伴い、通期の同利益を従来予想の7億円→14.5億円に2.1倍上方修正し、2期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。 株探ニュース
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月13日(月)09時06分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。