ETF売買動向=13日前引け、大和素材化学、野村エネ資源が新高値

株探ニュース 2017年11月13日(月)11時35分配信
 13日前場の上場投資信託(ETF)および指数連動証券(ETN)の売買状況は、ETF・ETN合計の売買代金が前週末比50.1%減の1287億円。うち、日経平均株価<.N225>に連動するETF(ベアETF・レバレッジETFを含む)20銘柄の売買代金は同50.4%減の1199億円だった。  個別ではiシェアーズ 米国超大型株ETF(S&P100) <1587> 、NZAM TOPIX <1596>MAXIS JPX 日経中小型株指数上場投信<1492> 、ダイワエネルギー資源上場投信・TOPIX-17 <1635>中国H株ブル2倍上場投信<1572> など12銘柄が新高値。iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETF <1496>中国H株ベア上場投信<1573> 、NEXT 香港ハンセン・ベア <2032> が新安値をつけた。  そのほか目立った値動きではETFS ニッケル上場投資信託<1694> が5.04%高と大幅な上昇。  日経平均株価<.N225>が154円安の大幅下落となるなか、日経平均株価<.N225>に連動するETFでは、NEXT日経平均株価<.N225>レバレッジ <1570> が売買代金850億3200万円となり東証全銘柄でトップ。ただ、売買代金は過去5営業日における前引け時点の平均1313億2400万円を大きく下回っており低調。  その他の日経平均株価<.N225>ETFではNEXT 日経平均株価<.N225>ダブルインバース・インデックス <1357> が162億8300万円、日経平均ブル2倍上場投信<1579> が55億5700万円、日経225連動型上場投資信託<1321> が47億3300万円、日経平均ベア2倍上場投信<1360> が25億7800万円、上場インデックスファンド225<1330> が11億4200万円の売買代金となった。 株探ニュース
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月13日(月)11時35分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。