ダイヤ電機、今期経常を57%上方修正

株探ニュース 2017年11月14日(火)11時00分配信
 ダイヤモンド電機<6895> [東証2] が11月14日午前(11:00)に決算を発表。18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比2.1倍の16.6億円に急拡大した。  併せて、通期の同利益を従来予想の11.5億円→18.1億円(前期は22.1億円)に56.7%上方修正し、減益率が47.8%減→18.2%減に縮小する見通しとなった。  会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比89.8%減の1.4億円に大きく落ち込む計算になる。  直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比98.0%増の9.1億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の3.0%→6.3%に大幅改善した。 株探ニュース 会社側からの【修正の理由】  お客様から売価差異金額の承認をいただいたこと並びに前期より取り組んでまいりました経費節減をより一層進めたことにより、営業利益及び経常利益が予想値を上振れする見込みとなりました。当期の通期連結業績予想を上記のとおり修正いたします。今回修正予想における為替レートは1ドル105円、1ユーロ125円であります。(注)1.上記の業績予想につきましては、本資料の発表時現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際 の業績は、今後様々な要因によって異なる可能性があります。2.当社は平成29年10月1日を効力発生日として、普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。1株当たり当期純利益については、当該株式併合の影響を考慮しております。また、前期実績における1株当たり当期純利益についても、前連結会計年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定して1株当たり当期純利益を算定しております。

PDFをダウンロード
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)11時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。