エスケーエレが急反騰、今期経常は8%増益、1.3%を上限に自社株取得

株探ニュース 2017年11月14日(火)11時13分配信
 13日、エスケーエレクトロニクス<6677> [JQ] が決算を発表。17年9月期の連結経常利益は前の期比17.1%減の16.5億円になったものの、続く18年9月期は前期比8.5%増の18億円に伸びる見通しとなったことが買い材料視された。  今期は中国のライン立ち上げやパネルメーカーの有機ELを中心とした設備投資需要を背景に、高精細フォトマスクの販売が拡大し、23.2%の大幅増収を見込む。  同日、発行済み株式数(自社株を除く)の1.3%にあたる14万株(金額で1億6926万円)を上限に、23日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施すると発表したことも支援材料となった。 株探ニュース
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)11時13分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。