買い局面を迎えた【25日線上抜け】低PER銘柄 13社 11月14日版

株探ニュース 2017年11月14日(火)17時20分配信
 14日の東京株式市場は、売り買いの入り乱れる方向感の乏しい展開となった。前日の米国株式市場ではNYダウなど主要3指数が小幅ながらプラスを確保しリスク回避の動きは一服したが、上値も重かった。日経平均株価<.N225>は終盤に値を消し、前日比98銭安の2万2380円とわずかながら5日続落となった。東証1部の値上がり銘柄数は622、値下がり銘柄数は1338、変わらずは75。  本特集では、東証1部銘柄の中で株価が25日移動平均線を上抜いた銘柄に注目。その中から移動平均線を 0.5%超上回り、さらに予想PERが東証1部平均の 16.5倍を下回る上昇余力があるとみられる13社をピックアップ。25日移動平均線からのプラスカイリ率の大きい順に記した。 ※移動平均線が下降から上昇に転じる過程で株価が上に突き抜ける時は、重要な買いの局面となる(グランビルの法則)。              25日移動     銘柄名    カイリ率 PER PBR <6378>木村化     15.63  12.2  1.14 <7734>理計器      4.94  16.5  1.49 <6486>イーグル工    2.61  10.3  1.45 <6087>アビスト     2.51  15.6  3.73 <2874>ヨコレイ     2.02  14.6  0.85 <9699>西尾レント    1.52  13.8  1.39 <6262>ペガサス     1.03  12.9  0.93 <8101>クレオス     0.96  14.3  0.62 <5714>DOWA     0.96  10.7  1.23 <3396>フェリシモ    0.87  14.2  0.61 <2107>東洋糖      0.71  12.5  0.84 <6470>大豊工業     0.69  12.6  0.80 <1805>飛島建      0.68   9.7  1.16 ※当情報は参考資料・データとして提供しております。売買に関する最終決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。 株探ニュース
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)17時20分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。