Vゴルフ、今期経常を7%上方修正・最高益予想を上乗せ

株探ニュース 2017年12月06日(水)13時00分配信
 バリューゴルフ<3931> [東証M] が12月6日後場(13:00)に業績修正を発表。18年1月期の連結経常利益を従来予想の1億4800万円→1億5800万円(前期は8900万円)に6.8%上方修正し、増益率が66.3%増→77.5%増に拡大し、従来の2期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。  会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した8-1月期(下期)の連結経常利益も従来予想の6900万円→7900万円(前年同期は4400万円)に14.5%増額し、増益率が56.8%増→79.5%増に拡大する計算になる。 株探ニュース 会社側からの【修正の理由】  当第3四半期連結累計期間におきまして、売上高、営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する当期純利益は、当初の通期連結業績予想を上回る実績となりました。 ゴルフ事業における「1人予約ランド」を始めとするASPサービス及び広告・プロモーションサービスが期初計画のとおり順調な推移となっていることに加え、ゴルフ用品販売を主としたECサービスにおける計画を大幅に上回る実績により、売上高について予想を上方修正いたします。 また、平成29年8月30日に公表した「事業譲受に関するお知らせ」の通り、インドア・ゴルフスクールを取得、「バリューゴルフ<3931>大崎」としてリニューアルオープンし、当社グループのサービスラインナップを拡充いたしました。現在、既存のゴルフ事業とのシナジーを発揮させるべく、人的及び設備投資を積極的に行っております。同様に「1人予約ランド」においても現在の成長を更に加速させるため、来期以降に予定していた人員拡充及び販売促進費の投下を前倒しして実施しております。 これらの結果、原価及び販売管理費の増加を見込んでおりますが、上記事業の成長の加速もあり、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益につきましても前回発表予想を上回る見込みとなりましたので上方修正いたします。

PDFをダウンロード
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月06日(水)13時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。