グッドコムA、前期経常を一転6%減益に下方修正

株探ニュース 2017年12月07日(木)15時00分配信
 グッドコムアセット<3475> [東証2] が12月7日大引け後(15:00)に業績修正を発表。17年10月期の連結経常利益を従来予想の8.9億円→8.2億円(前の期は8.6億円)に8.7%下方修正し、一転して5.5%減益見通しとなった。ただ、通期の連結最終利益は従来予想の5.7億円→6.2億円(前の期は5.6億円)に8.8%上方修正し、増益率が1.2%増→10.1%増に拡大し、従来の6期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。  会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した5-10月期(下期)の連結経常利益も従来予想の4.6億円→3.8億円に16.7%減額した計算になる。 株探ニュース 会社側からの【修正の理由】  平成29年10月期の連結業績予想につきましては、主力事業の国内自社販売が好調に推移したことにより、連結売上高は前回予想を上回る見通しであります。なお、営業利益及び経常利益については、経費(株主優待制度の新設、IR活動の積極化、市場変更の実施、スポンサー活動の積極化及び人件費の増加等)の増加等により、若干の減益となる見通しであります。親会社株主に帰属する当期純利益につきましては、役員退職慰労引当金戻入額の計上により増益となる見通しであります。

PDFをダウンロード
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月07日(木)15時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。