HIOKI、今期経常を9%上方修正、配当も5円増額

株探ニュース 2017年12月07日(木)16時00分配信
 HIOKI<6866> が12月7日大引け後(16:00)に業績・配当修正を発表。17年12月期の連結経常利益を従来予想の23億円→25.1億円(前期は16.8億円)に9.1%上方修正し、増益率が36.7%増→49.2%増に拡大する見通しとなった。  会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した7-12月期(下期)の連結経常利益も従来予想の9.7億円→11.8億円(前年同期は6.1億円)に21.5%増額し、増益率が58.5%増→92.5%増に拡大する計算になる。  業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の50円→55円(前期は40円)に増額修正した。 株探ニュース 会社側からの【修正の理由】   日本経済は緩やかな拡大傾向にあり、当社の主要顧客である自動車及び電子部品業界における設備投資は堅調に推移しております。これに加え、中国を中心としたアジア地域における設備投資も堅調なことから、当社製品の需要が高まり、業績は好調に推移しております。 売上高、利益ともに前回予想を上回る見通しとなったため、これを修正いたします。   当社は、1株当たり年間20円の配当を安定的利益還元のベースとし、連結配当性向40%を目途として、業績向上による一層の利益還元を実施することを利益配分に関する基本方針としております。 連結業績予想の修正に記載いたしましたとおり、前回予想より利益が増加する見込みとなったため、期末配当を前回予想比5円増の30円とし、年間配当を1株当たり55円とする予定であります。

PDFをダウンロード
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月07日(木)16時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。