日本駐車場が反発スタート、8-10月期(1Q)経常は26%増益

株探ニュース 2017年12月07日(木)09時04分配信
 6日、日本駐車場開発<2353> が決算を発表。18年7月期第1四半期(8-10月)の連結経常利益が前年同期比26.3%増の9.3億円に伸びて着地したことが買い材料視された。  積極的な月極め契約の獲得や需要に応じた料金の適正化などが奏功し、駐車場事業の収益が拡大したことが寄与。スキー場事業でグリーンシーズンの客数が増加したことも増益に貢献した。上期計画の19億円に対する進捗率は5年平均の28.6%を上回る49.3%に達した。 株探ニュース
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月07日(木)09時04分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。