イズミが急反発、3-11月期(3Q累計)経常はプラスに転換

株探ニュース 2018年01月12日(金)09時32分配信
 イズミ<8273> が急反発し、上場来高値を更新した。同社は11日に決算を発表。18年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結経常利益は前年同期比6.1%増の255億円に伸びて着地した。中間期(3-8月)時点の同利益は1.6%減益だっただけに、増益に転じたことを好感する買いが向かったようだ。  同社は中四国・九州地盤の総合スーパーで、食品スーパーも展開している。3-11月期は熊本地震被災による休業店舗の営業再開に加え、前期に新設・増床した店舗の通年稼動や今期に新設した店舗による売上増加で、4.6%の増収を確保した。 株探ニュース
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)09時32分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。