ディップが大幅反発、3-11月期(3Q累計)経常が21%増益で着地

株探ニュース 2018年01月12日(金)10時06分配信
 ディップ<2379> が大幅反発し、昨年来高値を更新した。11日に発表した18年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結経常利益が前年同期非連結比21.1%増の81.6億円に伸びて着地したことが買い材料視された。  旺盛な求人需要が続く中、積極的な広告宣伝投資などが奏功し、「バイトル」「はたらこねっと」といった求人情報サイトの広告出稿件数が拡大、16.4%の大幅増収を達成したことが寄与。通期計画の105億円に対する進捗率は77.8%に達し、5年平均の59.0%も上回っている。 株探ニュース
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)10時06分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。