決算マイナス・インパクト銘柄 【東証1部】 … セブン&アイ、ユニファミマ、キユーピー (1月11日発表分)

株探ニュース 2018年01月12日(金)15時21分配信
―決算で売られた銘柄! 下落率ランキング―  企業決算に対する評価は、マーケットでは「株価」として表される。ここでは、決算を受け止めて株価がいかに反応したかを探る。  以下に挙げたのは、決算発表が「マイナス・インパクト」となった可能性のある東証1部の銘柄である。株価が決算発表前日の1月10日から11日の決算発表を経て12日大引け現在、水準を切り下げている銘柄を下落率の大きい順にランキングした。 ▲No.1<3562> コスモス薬品<3349>  18年5月期の連結経常利益を従来予想の246億円→225億円(前期は245億円)に8.5%下方修正し、一転して8.5%減益見通しとなった。 ▲No.4 オンリー<3376>  18年8月期第1四半期(9-11月)の連結経常利益は前年同期比23.9%減の3.1億円に減り、9-2月期(上期)計画の4.7億円に対する進捗率は5年平均の84.0%を下回る67.2%にとどまった。 ▲No.5 ジンズ<3046>  18年8月期第1四半期(9-11月)の連結経常利益は前年同期比39.4%減の4.2億円に落ち込み、9-2月期(上期)計画の24億円に対する進捗率は17.8%にとどまり、5年平均の28.6%も下回った。 ■決算マイナス・インパクト銘柄 コード 銘柄名    市場  下落率  発表日 決算期 経常変化率 <3349>コスモス薬品  東1   -17.85   1/11  上期   -11.15 <3030>ハブ      東1   -13.64   1/11   3Q    15.17 <8918>ランド     東1   -11.11   1/11   3Q    黒転 <3376>オンリー    東1   -8.13   1/11   1Q   -23.86 <3046>ジンズ     東1   -7.64   1/11   1Q   -39.40 <5932>三協立山    東1   -7.60   1/11  上期   -49.90 <2292>SFOODS  東1   -7.21   1/11   3Q    10.24 <9716>乃村工芸社   東1   -7.14   1/11   3Q   -10.71 <8200>リンガハット  東1   -6.79   1/11   3Q   -12.96 <7607>進和      東1   -6.54   1/11   1Q   -13.86 <8028>ユニファミマ  東1   -5.99   1/11   3Q    38.72 <2791>大黒天     東1   -5.09   1/11  上期   -23.17 <6505>東洋電     東1   -4.22   1/11  上期   -85.93 <9369>キユソ流通   東1   -3.99   1/11 本決算    1.14 <3382>セブン&アイ  東1   -3.78   1/11   3Q    6.99 <8181>東天紅     東1   -3.13   1/11   3Q    赤縮 <6289>技研製     東1   -3.13   1/11   1Q    -4.69 <3280>エストラスト  東1   -2.96   1/11   3Q   252.67 <8203>MrMax   東1   -2.34   1/11   3Q     - <7520>エコス     東1   -2.14   1/11   3Q    -3.31 <9861>吉野家HD   東1   -1.82   1/11   3Q    65.63 <3608>TSIHD   東1   -1.57   1/11   3Q    -5.17 <2809>キユーピー   東1   -0.47   1/11 本決算    4.89 ※下落率は「決算発表前日の終値を基準とした12日大引け株価の変化率」。下落率、経常変化率は「%」。本決算の経常変化率は今期予想。 「1Q」は第1四半期決算。「上期」は第2四半期累計決算。「3Q」は第3四半期累計決算。 株探ニュース
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)15時21分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。