ネスレ日本、ファンケルとの協業で健康をサポートする「ネスレ ウェルネス抹茶 カロリミット」を発売

家電 Watch 2017年10月12日(木)17時12分配信

 ネスレ日本とファンケル<4921>は、栄養や健康の問題解決に共同で取り組むプロジェクトを始動することを発表した。プロジェクトの第1弾として、共同開発した「ネスレ ウェルネス アンバサダー」向けカプセル製品を発売した。

 「ネスレ ウェルネス アンバサダー」は、体に大切なビタミンやミネラル、健康や美容などをサポートするプラス成分が配合された専用カプセル「ネスレ ウェルネス 抹茶」の定期購入サービス。専用サイトで簡単な質問に答えると、その日におすすめの、必要としているだろう栄養素が配合されたカプセルが指定される。

 カプセルは、コーヒーマシン「ネスカフェ ドルチェ グスト」で使用でき、サービスを利用すると同機が無料で使える。

ネスレ日本、ファンケルとの協業で健康をサポートする「ネスレ ウェルネス抹茶 カロリミット」を発売 ネスレ日本の高岡浩三CEO(左)とファンケルの池森賢二会長(右)
ネスレ日本の高岡浩三CEO(左)とファンケル<4921>の池森賢二会長(右)

 既存のカプセル「ネスレ ウェルネス抹茶」4種類がリニューアルされたほか、「ネスレ ウェルネス抹茶 カロリミット」と「ネスレ ウェルネスラテ」3種類が、ファンケル<4921>の監修と共同開発により発売される。いずれも内容量は15個(杯分)。価格は各1,350円(税抜)。

ネスレ日本、ファンケルとの協業で健康をサポートする「ネスレ ウェルネス抹茶 カロリミット」を発売 「ウェルネス アンバサダー」向けの専用カプセル
「ウェルネス アンバサダー」向けの専用カプセル
ネスレ日本、ファンケルとの協業で健康をサポートする「ネスレ ウェルネス抹茶 カロリミット」を発売 専用カプセルとドルチェ グスト
専用カプセルとドルチェ グスト
ネスレ日本、ファンケルとの協業で健康をサポートする「ネスレ ウェルネス抹茶 カロリミット」を発売 専用サイトで、当日や前日の食事状況などを入力すると、どのカプセルがおすすめか分かる
専用サイトで、当日や前日の食事状況などを入力すると、どのカプセルがおすすめか分かる
ネスレ日本、ファンケルとの協業で健康をサポートする「ネスレ ウェルネス抹茶 カロリミット」を発売 指定カプセルをドルチェ グストに入れて抹茶を飲むと、不足しているだろう栄養素が摂れるという
指定カプセルをドルチェ グストに入れて抹茶を飲むと、不足しているだろう栄養素が摂れるという

ファンケル<4921>という、栄養の世界の中で培われた知見が必要

 発表会では、ネスレ日本の高岡浩三CEOや、ファンケル<4921>の池森賢二会長、島田和幸CEOが登壇。両社がコラボレーションすることによるメリットを語った。

 高岡氏は、今回のプロジェクトを同氏からファンケル<4921>の池森氏にお願いする形でスタートしたと言う。

 「私たちのキットカットやネスカフェや嗜好品の中では巨大なブランドではありますが、こと栄養に関しては、逆に言うと非常に遠い存在でもあります。だからこそ、この栄養価値のある商品を強化していただくためには、ファンケル<4921>さんのような栄養の世界の中で培われたブランドの助けが必要だと考えました」(高岡氏)。

 高岡氏の提案に対して、ファンケル<4921>の池森会長は二つ返事で応じたという。

 「世界の大企業であるネスレさんと、ファンケル<4921>という小さな会社がコラボレーションできるというラッキーな機会はないと思っています。健康に対して両者とも大変に力を入れています。その点の目的はまったく同じ。今後は、このチャンスを活かして、世界のネスレで売ってもらえるような製品を、研究開発していきたいと考えています」(池森氏)。

ネスレ日本、ファンケルとの協業で健康をサポートする「ネスレ ウェルネス抹茶 カロリミット」を発売 ネスレ日本 代表取締役社長 兼 CEO 高岡浩三氏
ネスレ日本 代表取締役社長 兼 CEO 高岡浩三氏
ネスレ日本、ファンケルとの協業で健康をサポートする「ネスレ ウェルネス抹茶 カロリミット」を発売 ファンケル 代表取締役 会社執行役員 ファウンダー 池森賢二氏
ファンケル<4921> 代表取締役 会社執行役員 ファウンダー 池森賢二氏

 既に両社の企画や開発の現場では、今後の展開について盛り上がりをみせ、様々なアイデアが出てきているという。今後は、こうしたアイデアを元に、順次、製品化に取り組んでいくことになるとも語られた。

家電 Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月12日(木)17時12分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。