やや円買い優勢、ドル円は110円台後半=東京為替

KlugFX 2017年06月19日(月)11時00分配信
中盤に入った東京外為市場では、円買いがやや優勢になっている。序盤は、米債利回りが小幅に上昇したことや、株高を受けて、円売りが優勢となっていた。だが、仲値決定ころから、徐々に円売り圧力が弱まると、その後は、ジリジリと円が買われている。ドル円は、110円台後半に水準を引き下げている。 USDJPY 110.98 EURJPY 124.27 GBPJPY 141.70 みんかぶ「KlugFX」東京
KlugFX
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年06月19日(月)11時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。