ポンド、来週は重要指標が目白押しの週=NY為替

KlugFX 2017年08月12日(土)03時29分配信
 この日発表の米消費者物価指数(CPI)が予想を下回ったことで、きょうのNY市場はドル売りが強まっており、ポンドドルは1.30台を再び回復している。一時1.3030付近まで上昇した。  一方、ポンド円も買い戻しが優勢となっており、一時142円ちょうど付近まで戻している。200日線が142円付近に来ているが、現在はその付近で推移。前日は200日線を割り込む動きとなり下値警戒感も強まっているが、来週以降の動きが注目される。  来週は英重要指標が目白押しとなる。英消費者物価(CPI)や英雇用統計、そして英小売売上高などが発表される。ただ、先週の英中銀金融政策委員会(MPC)を受けて利上げ期待は完全に後退しているが、その期待を確認する週になりそうだ。 GBP/USD 1.3018 GBP/JPY 141.89 EUR/GBP 0.9093 みんかぶ「KlugFX」 野沢卓美
KlugFX
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年08月12日(土)03時29分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】