アジア株 総じて上昇、韓国株は最高値更新

KlugFX 2017年10月11日(水)18時18分配信
東京時間18:08現在 香港ハンセン指数   28389.57(-101.26 -0.36%) 中国上海総合指数  3388.28(+5.30 +0.16%) 台湾加権指数     10641.19(+108.38 +1.03%) 韓国総合株価指数  2458.16(+24.35 +1.00%) 豪ASX200指数    5772.15(+34.04 +0.59%) インドSENSEX30種  31786.96(-137.45 -0.43%)  11日のアジア株は、総じて上昇。前日の米株高や原油高などを好感して買い優勢で推移する市場が多かった。連休明けの台湾株はハイテク中心に買われて、1%超の上昇となった。韓国株はサムスン電子や自動車株などが買われて、過去最高値を更新した。     上海総合指数は小幅続伸。酒造会社の貴州茅臺酒、乳製品メーカーの内蒙古伊利実業集団、電力会社の中国長江電力が買われる一方で、炭素材メーカーの方大炭素新素材科技、化学品メーカーの万華化学集団が売られた。      香港ハンセン指数は反落。終盤に下落した。食品加工サービスの万洲国際(WHグループ)、携帯電話サービスのチャイナ・モバイル、保険大手の中国平安保険、不動産会社のサンフカイ・プロパティーズ、カジノ・リゾート経営のサンズ・チャイナが売られた。      豪ASX200指数は反発。情報技術、一般消費財・サービス、資本財・サービス中心に上昇した。自動車販売サイト運営のカーセールス・ドットコム、ソフトウェア<3733>会社のエイコネックス、ギャンブルマシン製造・販売のアリストクラート・レジャー、娯楽施設運営のクラウンリゾーツ、物流サービスのブランブルズが買われた。
KlugFX
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月11日(水)18時18分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。