公募増資発表でマイクロンが反落 ただ、ポジティブな面もあるとの評価も=米国株個別

KlugFX 2017年10月11日(水)23時46分配信
 マイクロン・テクノロジーが反落。10億ドルの公募増資を発表した。調達資金約4.76億ドルを社債の期限前償還および未払い金利分の支払いに充当すると説明した。  アナリストからは、発表自体はネガティブ・サプライズではあったものの、ポジティブな面もあるとの評価も出ている。キャッシュフローの90%はオフショアでの調達になるが、国内の高負担の負債が減る。また、株式の希薄化が生ずるものの、転換社債が発行され普通株に転換されるリスクを考慮すれば相殺されるとしている。マイクロンの経営陣は株式への転換よりもむしろ、転換を防ぐ方向に現金を使用していると指摘した。 (NY時間10:35) マイクロン 41.50(-0.48 -1.14%) minkabu PRESS編集部 野沢卓美
KlugFX
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月11日(水)23時46分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。