アジア株 上海株は下落、台湾株は90年以来の高値

KlugFX 2017年10月12日(木)14時15分配信
東京時間14:04現在 香港ハンセン指数   28489.21(+99.64 +0.35%) 中国上海総合指数  3382.66(-5.63 -0.17%) 台湾加権指数     10694.57(+53.38 +0.50%) 韓国総合株価指数  2468.59(+10.43 +0.42%) 豪ASX200指数    5790.70(+18.55 +0.32%) インドSENSEX30種  31917.71(+83.72 +0.26%)  アジア株は上海を除いて上昇。    台湾株は0.5%高、1990年以来の高値をつけている。ハイテク関連が総じて上昇。鴻準精密は3.8%高、台湾積体電路製造は1.5%高、鴻海精密工業は0.9%高。  韓国株は5営業日続伸、史上最高値をつけている。ハイテクや自動車関連が買われている。  上海株は冴えない。あすの中国貿易統計を控え積極的な売買は手控えられているもよう。チャイナルコやシノペックなど素材やエネルギー関連が売られている。
KlugFX
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月12日(木)14時15分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。