続伸、OPECが需要見通しを上方修正=NY原油概況

KlugFX 2017年10月12日(木)05時35分配信
NY原油先物11月限(WTI)(終値) 1バレル=51.30(+0.38 +0.75%) ブレント先物12月限(ICE) 56.94(+0.33 +0.58%)  ニューヨーク原油の期近は続伸。終値の前営業日比は、期近2限月が0.37~0.38ドル高。月報で石油輸出国機構(OPEC)が需要見通しを上方修正したことが手がかり。2017年と2018年の需要見通しをそれぞれ日量3万バレル上方修正した。米エネルギー情報局(EIA)が月報で、WTIやブレントの価格見通しを上方修正したことも背景。  時間外取引で11月限は51.42ドルまで上昇したものの、通常取引開始に向けて伸び悩み。通常取引序盤には50.61ドルまで下げに転じる場面があった。ただ、通常取引後半にかけては買いが盛り返し、続伸して引けた。                            (minkabu PRESS編集部)
KlugFX
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月12日(木)05時35分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。