このあとFOMC議事録 12月利上げを確信させるか注目=NY為替チェック

KlugFX 2017年10月12日(木)02時51分配信
 このあと日本時間3時に前回のFOMCの議事録が公表される。前回のFOMCではバランスシートの縮小が発表された。ただ、そのこと自体は予想通りでサプライズはなかった。  ただ、FOMCメンバーの金利見通しであるドット・プロットがタカ派な印象だったことがサプライズとなっていた。これでの流れが大きく変わったといっても過言ではない。その辺の詳細に関してはチェックして置く必要がありそうだ。  米地区連銀総裁の中には、「他の指標が力強さを示していれば、年内あと1回の利上げに一段のインフレ率の上昇を確認する必要はない」とも述べている。  足元のインフレには弱気な見方も出そうだが、それでも全体的に利上げ継続の意志が強いことが示されるようであれば、ドル高の反応も期待される。  ただ、一部には、今回の議事録は予想以上にハト派との予測も出ていることは留意したい。 USD/JPY 112.52 EUR/USD 1.1843 minkabu PRESS編集部 野沢卓美
KlugFX
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月12日(木)02時51分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。