プラートECB専務理事 出口戦略の協議をするうえで、十分な緩和策も必要

KlugFX 2017年10月12日(木)06時48分配信
 ECBのプラート専務理事の発言が先ほどから伝わっており、出口戦略の協議をするうえで、十分な緩和策も必要との認識を示した。 ・デフレのリスクは解消された ・ユーロ圏のインフレは引き続き抑制 ・ECBは今後数週間に政策スタンスを検討 ・相当程度の緩和策が依然として必要。 ・出口戦略の協議をするうえで、十分な緩和策も必要と判断。 ・再投資に関してもっとコミュニケーションをとるべき。 ・まもなく再投資に関して、よりコミュニケーションをとる可能性。
KlugFX
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月12日(木)06時48分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。