ユーロは堅調 スペイン株は上昇などいまのところ楽観的=NY為替チェック

KlugFX 2017年10月12日(木)01時09分配信
 きょうもドル売りが優勢となる中、ユーロは買戻しの展開が続いており、ユーロドルは1.1850付近に上昇している。ロンドン時間には売りが強まる場面も見られたものの、1.18台は維持され反転している格好。  カタルーニャ自治州のプッチダモン首相は独立宣言の書面には署名したものの凍結を表明し、スペイン政府との協議を提案している。国際的にも支持が少ない中、落とし所を探っているとの見方も出ている。一方でこのような動きにスペイン政府は強気な姿勢を見せており、ラホイ首相は「独立宣言をしたかどうかを確認する」とし、独立宣言なら憲法155条に基づきカタルーニャ州の自治権停止を検討すると警告している。  不透明感は依然として払拭できないものの、スペイン株は上昇するなど市場はいまのところ楽観的だ。最終的にはプッチダモン首相が妥協すると見ているようだ。  ユーロドルは1.1835付近に来ている21日線を上回ってきている。なかには、現行の1.1850水準を完全回復できれば、10月26日のECB理事会に向けて、再び1.20を目指すとの指摘も出ている。  目先は午後のFOMC議事録を受けた反応を見たいところではある。 EUR/USD 1.1850 EUR/JPY 133.16 EUR/GBP 0.8970 minkabu PRESS編集部 野沢卓美
KlugFX
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月12日(木)01時09分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。