米債利回りの低下は一服、ややドル買いに=ロンドン為替

KlugFX 2017年10月12日(木)18時46分配信
 ドル相場は米債利回り動向に神経質に反応している。ロンドン序盤は米10年債利回りが2.345%近辺から2.32%割れ水準まで低下し、ドル売りにつながった。しかし、足元では2.33%台前半へと上昇する動きに、ドル相場も反発している。  もっとも顕著な動きを示しているのがドル円で、112.40近辺から112.20近辺で米債利回りに連動した上下動となっている。ユーロドルは序盤から売りが先行したが、足元では1.1851レベルまで一段安。 USD/JPY 112.38 EUR/USD 1.1854 GBP/USD 1.3232 AUD/USD 0.7819
KlugFX
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月12日(木)18時46分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。