エヌビディアが6日続伸 データセンター部門への期待高まる=米国株個別

KlugFX 2017年10月13日(金)23時27分配信
 エヌビディアが6日続伸。史上最高値圏での推移が続いている。きょうはアナリストの目標株価引き上げが伝わっており、従来の200ドルから250ドルに引き上げている。投資判断は「買い」継続。  今週のファンCEOの説明会などを通じて、AI用のチップなどを取り扱うデータセンター部門への期待が高まったとしている。同社の現在の収益はゲーム部門が57%、データセンター部門が19%だが、向こう5年間は、データセンター部門がゲーム部門を上回る伸びが期待できるとしている。  この先、3~5年のデータセンター部門の有効市場が300億ドル、同社の市場シェアが10~20%と仮定すれば、1株利益を2.50~5.00ドル押し上げる可能性があるとしている。 (NY時間10:14) エヌビディア 192.26(+1.23 +0.64%) minkabu PRESS編集部 野沢卓美
KlugFX
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月13日(金)23時27分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。