ドル円やや重い、今晩のCPIに注目集まる=東京為替

KlugFX 2017年10月13日(金)07時10分配信
 13日朝の東京市場で、ドル円は112円20銭台での推移。海外市場でドル安円高がやや優勢となった流れから、やや頭が重くなっている。  注目されているのは今晩の米消費者物価指数。水曜日の米FOMC議事録(9月開催分)で、物価の鈍化への警戒感が示されたことで、注目度が高まる展開に。 USDJPY 112.27
KlugFX
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月13日(金)07時10分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。