ウェルズ・ファーゴが下落 法的費用が純利益を予想以上に押し下げ=米国株個別

KlugFX 2017年10月13日(金)23時35分配信
 ウェルズ・ファーゴが商いを伴って下落。7-9月期の決算を発表しており、1株利益が予想を下回ったことや、純金利マージンも予想を下回ったことが嫌気されている。金融危機前の不動産ローンの不正営業に伴う法的費用が純利益を予想以上に押し下げた。 ・1株利益:0.84ドル(予想:1.02ドル)前年比18%減 ・純金利マージン:2.87%(予想:2.92%) ・純金利収入:124.8億ドル ・融資9523億ドル(前四半期:9574.2億ドル) ・営業効率65.5% ・貸倒引当金:7.17億ドル(予想:7.11億ドル) (NY時間10:24) ウェルズ・ファーゴ 53.04(-2.17 -3.93%) minkabu PRESS編集部 野沢卓美
KlugFX
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月13日(金)23時35分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。