ユーロ売り圧力、ECB理事会を控えて独債券利回り低下=ロンドン為替

KlugFX 2017年10月13日(金)16時50分配信
ユーロ売り圧力、ECB理事会を控えて独債券利回り低下=ロンドン為替  ロンドン序盤は円買いの動きが広がっているが、そのなかではユーロ円の下げが大きめ。ユーロは対ポンドや対豪ドルでも売られており、ユーロ売りの一面もあるようだ。  この日は欧州債利回りが低下している。独10年債利回りは前日比26bp低下、0.419%となっている。背景としては、ECB関係者が来年の債券購入プログラムで、購入額を300億ユーロに半減させて9月まで継続する、との案が検討されているとの報道が取り沙汰されているもよう。10月ECB理事会は26日に結果が発表される。 EUR/USD 1.1825 EUR/JPY 132.41 EUR/GBP 0.8881 EUR/AUD 1.5091
KlugFX
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月13日(金)16時50分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。