ボストン連銀総裁 低失業率とインフレ見通しは引き締めを正当化

KlugFX 2017年10月13日(金)20時31分配信
ボストン連銀総裁 低失業率とインフレ見通しは引き締めを正当化  ローゼングレン・ボストン連銀総裁がブルームバーグTVで発言。 ・低失業率とインフレ見通しは引き締めを正当化 ・2018年には基調インフレが2%に近づくだろう ・インフレ動向が変化したとみるのは時期尚早 ・労働市場の逼迫で賃金は上昇、物価にも波及するだろう ・ハリケーンの経済統計への影響には留意すべき ・2017年下期の米GDP成長はおおむね2.5%に ・米失業率は4%割れとなる可能性も ・低金利が長期化すれば金利上昇を加速させるリスクに ・正常化を進める背景のひとつ ・今後1-2年での米景気後退は予想せず ・FRB議長はその他メンバーと協調できる人に
KlugFX
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月13日(金)20時31分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。