AT&Tが大幅安 ハリケーンやメキシコ地震の影響で業績下振れ=米国株個別

KlugFX 2017年10月13日(金)00時39分配信
 AT&Tが商いを伴って大幅安。ハリケーンやメキシコ地震など自然災害の影響で7-9月期の業績が下振れる可能性を示した。前日、米証券取引委員会(SEC)に提出した文書で明らかとなった。売上高が9千万ドル、1株利益も2セント下方修正される可能性を示している。10-12月期についてもネットワークへの障害から下方修正が見込まれるとしている。ただ、通期の見通しは据え置いた。  更にディレクTVの7-9月期の加入者数は30万件の純増を見込んでいるとしている。有料チャンネルの競争激化で、米国内での全動画配信の加入者数は約9万件減少したことも明らかにした。 (NY時間11:28) AT&T 36.68(-1.51 -3.95%) minkabu PRESS編集部 野沢卓美
KlugFX
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月13日(金)00時39分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。