ややドル売り優勢、ドル円は112円台前半で弱もち合い=東京為替

KlugFX 2017年10月13日(金)10時30分配信
 中盤に差し掛かった東京外為市場では、ドル円は112円台前半で弱もち合いとなっている。特に目立った材料が見当たらない中、売りがやや優勢となっている。他の主要通貨は、対ドルで小じっかりと推移するもの多くなっている。ユーロドルが1.18台半ばで小じっかりとした展開となっている。豪ドル米ドルは、朝方の0.78ドル台前半から一時0.78ドル台半ばに水準を引き上げた。                                  午前10時19分現在、ドル円は112.17前後、ユーロドルは1.1841前後、ポンドドルは1.3261前後、豪ドル米ドルが0.7831付近で推移している。
KlugFX
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月13日(金)10時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。