ドル円が112.15付近に値を落とす=NY為替チェック

KlugFX 2017年10月13日(金)03時03分配信
 NY時間の後半に入ってドル円はやや上値の重い展開となっており、112.15付近で推移している。ポンドの買い戻しが強まっており、対ポンドでのドル売りがドル円を圧迫しているようだ。米国債利回りが下げ幅を広げていることも上値を重くしている模様。  ただ、112円を割り込んで200日線が控える111.85付近を試そうという気配まではまだない。  日本の衆院選が始まっているが、最新の世論調査では予想外に自公の与党が健闘しそうで、300議席を確保するとの調査も出ている。市場はアベノミクスの継続を望んでいることから、日経平均株価<.N225>なども、直近高値を更新しており、ドル円にとってはサポートとなっている模様。 USD/JPY 112.15 minkabu PRESS編集部 野沢卓美
KlugFX
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月13日(金)03時03分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。