メイ英首相はDUPの説得に注力へ=ロンドン為替

KlugFX 2017年12月05日(火)19時54分配信
 昨日はメイ英首相とユンケル欧州委員長の昼食会で、アイルランドとの国境問題について明確な合意に達することができなかった。アイルランド側からは、北アイルランドとの間の規制上の調整を保証するとの文言を合意草案に盛り込みたい意向が示されている。  一方で、メイ政権の強力政党であるDUP(北アイルランド民主統一党)からは、この文言が英国のその他の地域との同一の条件での離脱とはならないことが懸念されており、盛り込むことに反対姿勢が示されているもよう。メイ首相は今週6日にも再び交渉を再開したいとしており、まずはDUPの説得に注力することが先決。ただ、一部報道によるときょうはメイ英首相とフォスター<6794>英DUP党首との会談の予定はないもよう。  足元ではポンド売りが一服しているが、ロンドン序盤にはポンドドルは1.3371レベル、ポンド円は150.53レベルまで下値を広げた。現状ではポンド売りが優勢になりやすい。 GBP/USD 1.3419 GBP/JPY 150.93 EUR/GBP 0.8842
KlugFX
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月05日(火)19時54分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。