政井日銀審議委員 現行の政策の効果と副作用を継続し肌理細かく見極め必要

KlugFX 2017年12月06日(水)11時09分配信
政井日銀委員は兵庫県金融経済懇談会に出席し挨拶。 海外経済情勢 総じてみれば緩やかな成長が続いている 先行きについて、先進国の着実な成長に加え、その好影響の波及や各国の政策効果によって、新興国経済の回復もしっかりとしたものになっていくと想定 海外経済の下振れリスクは全体として低下 我が国の経済物価情勢 所得から支出への前向きの循環メカニズムが働くもとで、緩やかに拡大している 労働需給は着実な引き締まりを継続 個人消費は底堅さ増す 先行きについて、景気は緩やかな拡大を続けるとみられる 2018年度までの期間を中心に、潜在成長率を上回る成長を維持する 金融政策 現行政策の枠組み、二つの要素から成り立つ 一つは消費者物価上昇率の実績値が安定的に2%を超えるまでマネタリーベースの拡大方針を維持する「オーバーシュート型コミットメント」 もう一つは、長短金利の操作を行う「イールドカーブ・コントロール」 「量的・質的金融緩和」は、導入後5年近く経ち、その効果と副作用については引き続き肌理細かくみていく必要
KlugFX
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月06日(水)11時09分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。