【海外市場の注目ポイント】トランプ米大統領長男の議会証言

KlugFX 2017年12月06日(水)15時05分配信
 トランプ米大統領の長男、ドナルド・トランプ・ジュニア氏がこの日、ロシアによる米大統領選介入とトランプ陣営との癒着疑惑のロシアゲートについて調査している米下院情報特別委員会で証言を行うことになっている。ロシアゲート関連では、前週末にトランプ米大統領の選挙中からの側近だったマイケル・フリン前米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が2016年12月の駐米ロシア大使との会話について米連邦捜査局(FBI)に虚偽の説明をしたことを認めている。フリン氏は司法取引に応じ、刑の軽減と引き換えに捜査に協力する意向を示しており、検察が元側近の同氏からトランプ陣営のロシアゲート関連の機密情報を入手することも否定できない状況となっている。この日のトランプ・ジュニア氏の証言は非公開で行われることになっているが、ロシアゲート関連で疑惑が深まるような報道が伝われば、ドルが売られる可能性がある。     経済指標としては、日本時間午後10時15分に11月の米ADP雇用統計の発表が予定されている。民間雇用者数の大方の予想は19万人増となっており、前月の23万5000人増から民間雇用者数の伸びが鈍化するとみられている。    minkabu PRESS編集部
KlugFX
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月06日(水)15時05分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。