アジア株 総じて上昇、香港株は14日続伸

KlugFX 2018年01月12日(金)18時35分配信
東京時間18:25現在 香港ハンセン指数   31412.54(+292.15 +0.94%) 中国上海総合指数  3428.94(+3.60 +0.10%) 台湾加権指数     10883.96(+73.90 +0.68%) 韓国総合株価指数  2496.42(+8.51 +0.34%) 豪ASX200指数    6070.05(+2.43 +0.04%) インドSENSEX30種  34569.34(+65.85 +0.19%)  12日のアジア株は、総じて上昇。前日の米株高などを背景にアジア市場でも堅調に推移する市場が多かった。香港株は今日も上昇して14日続伸。10年2カ月ぶりの高値圏まで上昇した。  上海総合指数は小幅続伸。前日終値を挟んでのもみ合いが続いて、小幅高で引けた。保険大手の中国平安保険、銀行大手の中国工商銀行、酒造会社の貴州茅臺酒が買われる一方で、通信会社のチャイナ・ユナイテッド<8960>・ネットワーク・コミュニケーションズ、不動産開発会社の緑地控股が売られた。       香港ハンセン指数は続伸。通信サービスのテンセント・ホールディングス、銀行大手の中国建設銀行、石油大手の中国海洋石油(CNOOC)、複合企業のCKハチソンホールディングスが買われた。       豪ASX200指数は小じっかり。素材、電気通信サービスが上昇、不動産、生活必需品が下落した。鉱山会社のBHPビリトン、通信ネットワークのスピードキャスト・インターナショナルが買われる一方で、不動産会社のミルバック・グループ、小売りチェーンなど多角経営企業のウェスファーマーズが売られた。
KlugFX
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)18時35分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。