米債利回り低下がドル売り誘う=NY為替

KlugFX 2018年01月13日(土)03時40分配信
 日本時間午前3時分現在のドル円は1ドル=111.10円。NY市場朝に発表され た米消費者物価指数(CPI)と小売売上高が好結果となり一時111円70銭に近い 動きも見られたが、米債利回りが上昇の動きを打ち消す展開となったことで、ドル売り が広がった。  2.54%台で米指標発表を迎えた米10年債利回りは、2.59%台まで大上昇し た後、2.55%台までと、上昇幅をほぼ打ち消す格好に。  ユーロドルは1.2140台と高値圏推移。ドル安基調が支える展開に。  フィラデルフィア連銀のハーカー総裁年二回の利上げが適切と、FOMCメンバーの 中心的な見方年3回よりもハト派姿勢を示すも影響は限定的。
KlugFX
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月13日(土)03時40分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。