カスペルスキーソフト、ロシアハッカー利用証拠無く=ドイツ

ロイター 2017年10月12日(木)02時56分配信

[ベルリン 11日 ロイター] - ロシアのハッカーらが米当局へのスパイ行為に及ぶ際、カスペルスキー研究所のウイルス対策ソフトを使ったとの一部報道について、ドイツの情報セキュリティー当局BSIは11日、証拠は無いとの見解を示した。

BSIは電子メールで「カスペルスキーの不正行為や、同社ソフトのぜい弱性を裏付ける証拠を確認しておらず、カスペルスキー製品の使用に対し警告を発する考えは無い」と公表した。

ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙は10日、ロシア政府のハッカーらが米政府機関などが保存する機密データを見つけるため、カスペルスキーのソフトを使ったことを、イスラエルの情報機関当局者らが突き止めたなどと伝えた。

同報道に対し、カスペルスキーは「世界中のいかなる政府のサイバースパイ活動を手助けしたことは決して無く、今後も支援しない」と説明した。

ロイター
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月12日(木)02時56分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。