ECB、金利を長期間にわたり低水準にとどめるべきでない=独連銀総裁

ロイター 2017年10月13日(金)03時09分配信

[フランクフルト 12日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのワイトマン独連銀総裁は12日、ECBは金利を長過ぎる期間にわたり低水準にとどめるべきではなく、景気が上向いている間は迅速に金融を引き締める必要があるとの考えを示した。

ワイトマン総裁は「金融政策は速やかに、かつ一貫性のある形で引き締められる必要がある」と述べた。

独Wirtschaftswoche誌が報じた。

ロイター
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月13日(金)03時09分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。