ファーストリテ、18年8月期は2桁増収増益 海外けん引で最高益へ

ロイター 2017年10月12日(木)19時26分配信

[東京 12日 ロイター] - ファーストリテイリング<9983> は12日、2018年8月期(IFRS:国際会計基準)は2桁の増収増益を見込むと発表した。

連結営業利益は前年比13.4%増の2000億円で、2年連続での過去最高益更新となる。中国や東南アジアを中心とした海外ユニクロ事業がけん引する。

トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト16人の営業利益予測の平均値は1984億円となっている。

連結売上収益は同10.1%増の2兆0500億円を計画。年間配当は1株350円を予定している。

柳井正会長兼社長は会見で「売上高3兆円は近年中に確実に行く。5兆円もかなりの確率で行く」と、先行きに自信を示した。

<海外ユニクロ、東南アジアは成長ステージへ>

海外ユニクロは大幅な増収増益を見込む。売上高は、国内ユニクロ事業を初めて上回るという。グレーターチャイナや東南アジアが伸長する。また、北米事業(カナダ、米国)は赤字の半減を見込んでいる。柳井社長は「米国はブランドが浸透し、経営体制もできつつある。米国事業は、今からもう一度拡大期に入っていく」と述べた。

岡崎健・グループ上席執行役員CFOは「東南アジアは、グレーターチャイナ、韓国に次ぐ、海外ユニクロ事業の柱として成長ステージに突入した」と述べた。

グレーターチャイナは、今後5年で売上高1兆円、営業利益2000億円を目指す。また、東南アジア・オセアニアは、年率約30%の成長で、今後5年で売上げ3000億円以上を目指すとした。

海外ユニクロ新規出店は177店舗・純増は157店舗、、国内ユニクロは30店舗を新規出店するものの、30店舗閉店予定で純増はゼロの見込み。

国内ユニクロの既存店+ダイレクト販売は1.9%増を見込んでいる。スタートとなる9月は6.3%減だった。また、注力しているEC(電子商取引)は、約30%の増収を計画している。国内事業について、柳井社長は「経費が膨張している。日本の経費削減を大幅にやっていかなければならない」と述べた。

<17年8月期、国内ユニクロとジーユーは減益>

17年8月期の営業利益は前年比38.6%増の1764億円で営業増益に転じた。海外ユニクロ事業が前年比約2倍の営業利益水準となり、増益に寄与した。各エリアで値引きを抑制したことで粗利益率が改善したほか、経費削減効果も出た。米国事業の赤字幅も半減した。

一方、国内ユニクロ事業、ジーユー事業は営業減益となった。

国内ユニクロの既存店売上高は1.1%増となり、5期連続でプラスとなった。客数は同2.9%増、客単価は同1.8%減だった。

ECの売上高は487億円(前年比15.6%増)で、売上構成比は6.0%(前期は5.3%)に高まった。

*内容を加えました。

(清水律子 編集:吉瀬邦彦)

ロイター
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月12日(木)19時26分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。