中国自動車販売、9月は前年比+5.7%=業界団体

ロイター 2017年10月12日(木)17時57分配信

[北京 12日 ロイター] - 中国汽車工業協会(CAAM)が12日発表した9月の自動車販売台数は、前年比5.7%増の271万台となった。増加は4カ月連続。世界最大の中国市場で販売に勢いが増していることが示された。

1─9月の販売台数は前年比4.5%増の2020万台となった。

CAAMが1月に示した今年の販売台数予想は5%増。小型車減税の縮小などを受け、昨年の13.7%から伸びが鈍化する見込みとしていた。

一方、8月までの3カ月の前年比伸び率はそれぞれ4.5%、6.2%、5.3%と比較的強い数字で推移しており、専門家は経済全般の成長が加速していることや販売促進策などが後押ししているとみている。

新エネルギー車(NEV)は9月は79.1%増加した。1─9月の販売台数は合計で39万8000台と37.7%増となった。CAAMはNEVの販売台数は年間目標である70万台に達するとの見方を示した。

*内容を追加しました。

ロイター
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月12日(木)17時57分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。