神戸鋼社長、夕方に会見 データ改ざん問題で

ロイター 2017年10月13日(金)12時10分配信

[東京 13日 ロイター] - 神戸製鋼所<5406> によると、同社のデータ改ざん問題について、川崎博也会長兼社長がきょう夕方記者会見する。時間は未定。

神戸製鋼は13日、鉄鋼製品でも品質データの書き換えを行っていたことを明らかにした。川崎社長が記者会見で状況の説明を行う。

データ改ざんを行っていたのは「線材」。自動車のエンジンや足廻りに使用されるばねなどに使われている。神戸製鋼は、需要家からは線材の安全性などについて問題はないとの確認を得ている、としている。

神戸製鋼ではこれまで、アルミ・銅製品、鉄粉・ターゲット材でデータ改ざんなどの不適切行為が明らかになっている。

ロイター
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月13日(金)12時10分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。