カナダはNAFTA再交渉を断念しない=トルドー首相

ロイター 2017年10月13日(金)11時46分配信

[メキシコ市 12日 ロイター] - カナダのトルドー首相は12日、カナダ政府は米国、メキシコとの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を断念するつもりはないと表明した。

訪問先のメキシコ市で、メキシコのペニャニエト大統領と臨んだ記者会見で明らかにした。

米ワシントン近郊で11日から始まったNAFTA再交渉の第4回会合では、米国が協定を5年ごとに見直す「サンセット条項」の追加を提案。3カ国すべてが更新に合意しなければ、協定は5年後に自動的に失効するとした同条項には、カナダとメキシコは構想段階から強く反対してきた。

トルドー首相は会見で、「サンセット条項」はNAFTAを廃止に追い込む「ポイズンピル(毒薬条項)」かどうかと問われると、「われわれは示された提案に基づく交渉の場から立ち去ることはない」と述べ、3カ国すべてが恩恵を受ける合意の実現に引き続き取り組む方針を示した。

ロイター
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月13日(金)11時46分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。